子供を虫歯にさせないために

お子様の大切な歯を守りたい

人の一生のお口の健康づくりは、乳歯のころからはじまっています。いずれ永久歯に生え替わるからと油断するのはとても危険なことです。乳歯虫歯は、永久歯の健康にも悪影響を与えるからです。

大和市の「深見台中央医院」2階にある歯医者「深見台歯科クリニック」では、一人ひとりのお子様の成長段階やお口の状態に合った予防プログラムをご提案し、大切なお子様の歯をお守りしています。ご両親と当院とで協力し、しっかりサポートしていきましょう。

ご両親へのお願い~お子様のスムーズな診療のために~

ご両親へのお願い~お子様のスムーズな診療のために~

お子様の虫歯予防には、歯科医院での適切な治療・予防が欠かせません。スムーズに診療を進めるために、ご両親は次のことにご協力ください。

左右にスクールしてご確認ください。

歯医者に
悪いイメージを持たせない
歯医者に悪いイメージを持たせない
ご予約は
機嫌のいい時間に
ご予約は機嫌のいい時間に
ご両親は
待合室で
ご両親は待合室で
言うことを聞かないときなどに、「歯医者さんに連れてくよ!」などと悪いイメージがつくようなことは言わないようにしてください。 小さいお子様の治療は、いつもお昼寝したりおやつを食べたりする時間や、吐いてしまう可能性がある満腹時を避けてご予約ください。睡眠、お腹ともにほどよく満たされている午前中がおすすめです。 当院ではお子様が一人で受診できる場合、基本的にご両親には待合室でお待ちいただいています。お子様が不安になる場合には付き添いも可能ですので、ご相談ください。
治療前にトイレを
済ませて
治療前にトイレを済ませて
治療が終わったら
たくさんほめて
治療が終わったらたくさんほめて
麻酔の後は
注意して
麻酔の後は注意して
予防処置などには、少し時間がかかることがあります。受診前には必ずトイレを済ませておいてください。 はじめはうまく治療を受けられないかもしれません。でも、終わったら必ずほめてあげてください。次への自信につながります。 麻酔をした場合には、気持ちが悪くてもできるだけ手でさわらないよう、また咬んでしまわないよう注意して見てあげてください。

子供の歯の健康を守るのは、ご両親の役目です

子供の歯の健康を守るのは、ご両親の役目です

お子様に、自分で歯みがきする習慣をつけてあげることはとても大切です。しかし子供は、まだ自分で歯をきれいにみがくことができません。最後にご両親が、しっかりと仕上げみがきをしてあげることが必要です。

また歯みがきだけでは、どうしても完全な予防はできません。定期的に歯科医院にお連れいただき、医師の目によるチェックと専門的な予防処置を受けることが必要になるのです。つまりお子様の歯の健康維持は、ご両親の役目だといえます。大切なお子様のために、しっかりサポートしてあげてください。

むし歯になるのは主に口の中の細菌(ミュータンス菌など)に感染することが原因です。子どもが1歳6カ月~2歳6カ月頃の時期に集中的に感染しやすいことがわかってきています。特にお母さんからの母子感染が多いというデータも。お子さんの口腔内の細菌バランスも、3歳頃までに決まると言われており、その時期までにむし歯菌に感染しなければむし歯になるリスクも低くすることができます。乳歯が生えてきたら、定期的なクリーニングでむし歯を予防してあげましょう。

積み重ねが大切!「食育」で健康な歯! 

積み重ねが大切!「食育」で健康な歯! 

「食べること」を通し、食べ物と健康の関係、食事の大切さなどを子供に伝えていく「食育」。食事は全身だけでなく歯の健康にも深く関わっているものです。中でも重要なのは、「しっかり咬むこと」。そのメリットには、次のことが挙げられます。

  • 咬む力が顎の位置や筋力を整え、永久歯がきちんと並ぶスペースを確保する
  • だ液が多く分泌され、自浄作用が促されて虫歯予防につながる
  • 食べ物がしっかり咀嚼(そしゃく)されることで、胃腸の負担が軽減される
  • 同じく、栄養の吸収を助ける  など

あまり咬まずに丸飲みばかりしていると、顎がきちんと育たずに歯並び・咬み合わせが乱れてしまいます。その結果、歯ブラシが行き届かなくなって虫歯になりやすくなったり、咬む力のバランスが乱れて、顎や顔、全身にまでゆがみを招いてしまったりすることもあるのです。

積み重ねが大切!「食育」で健康な歯! 

毎日の食事において、咬みごたえのあるものを含めバランスのよい食べ物を与え、しっかり咬むことの大切さを伝えていく――。毎日の積み重ねが、健康な歯のために大切になるのです。当院では、食育についても積極的に取り組んでいますので、気になる方はご相談ください。

»子供を歯医者嫌いにしないコツはこちら

深見台歯科クリニックの小児歯科

深見台中央病院2階にある、「深見台歯科クリニック」では、積極的に小児歯科治療・予防に取り組んでいます。そのためにも必要な設備環境を整え、万全の治療体制で臨んでいます。

お子さんのための配慮
  • 待ち時間も飽きないようキッズスペース完備
  • 診療室は親御さんの同席可能
  • 歯医者に慣れるまで治療前にトレーニング
  • 治療後のご褒美を用意
  • 嬉しい特典付きのキッズクラブ

お子さんのための配慮

治療を待つ間、キッズスペースでおもちゃで遊んだり、絵本を読んだりしてお待ちいただけます。また、診療室には親御さんも一緒に入っていただけるので、安心。小さなお子さんや、歯医者さんが苦手なお子さんには、緊急時以外は慣れるまでトレーニングが可能です。そして、頑張ったお子さんにはご褒美をご用意。お子さんに歯医者さんを楽しんでもらえる、親御さんには安心して治療を受診させてあげられるような工夫を施しています。また、食育や子育てについてもお気軽にご相談ください。

キッズクラブ

お子さんのお口の記録・フッ素塗布無料などの特典をご用意しています。お子さんの成長を見直したり、歯みがきや、歯医者さんに通うことが楽しくなるようなイベントも準備していますので、お気軽にご相談ください。

マタニティ歯科~妊娠中の方に知ってほしい3つのこと~

マタニティ歯科~妊娠中の方に知ってほしい3つのこと~

出産は、人生の中でも最も重要な出来事の1つです。産まれてくる大切な命のために、まずはご自身の健康を維持・改善して、赤ちゃんたちのためにより良い環境を整えてあげましょう。

① 母さんのむし歯を治しましょう

① 	母さんのむし歯を治しましょう

むし歯菌に感染しやすい時期のことを、専門家は「感染の窓」と呼んでいます。むし歯になる原因は家族、特にお母さんです。お母さんのお口の中からも、できるだけ菌を取り除くことで、子どものむし歯になるリスクを下げられると言えるでしょう。

② 妊娠中から検診・治療も受けられます

②妊娠中から検診・治療も受けられます

子育て中のお母さんにむし歯や歯周病がある場合、むし歯菌や歯周病菌がうつることを懸念しなければなりません。子どもが生まれたからと、急に対策できることではありません。子育てに忙しくなり、ついつい自分のことを放っておきがちになる方もしばしば。子どもが生まれる前から、自分の口の中の状態を知り、きちんと治療・定期的なクリーニングを受けて、これから生まれるお子さんのために良い環境を整えてあげましょう。

③ 歯周病は早産の原因になります

③歯周病は早産の原因になります

歯周病菌が出す「サイトカイン」という物質が、妊娠中の女性に陣痛によく似た筋肉収縮を引き起こすことがわかっています。そのため、妊娠中の方が歯周病を発症していると、身体が誤認してしまい、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。妊娠中の方はお口の健康状態をチェックするためにも、歯科医院に相談することをおススメします。

深見台歯科クリニックへのご予約はこちらから